注意して探す

保険会社へ行く

今はネットがあればどこに住んでいても賃貸マンションが探せる時代です。賃貸マンションはいつでも部屋探しができる点で便利ですが、ネットだけに頼りすぎるとあまりいい物件が見つからないこともあります。 また、ネットで魅力的な賃貸マンションを見つけても、すでに入居者がいて借りれなかったり、あるいは現実にはない物件のこともあります。現実にはない物件をあたかもあるように紹介している「おとり広告」には注意が必要です。素人ではおとり広告かどうかを見極めるのは難しいですが、現実的にありえないような好条件の賃貸マンションがあったら、最初は疑ってかかることです。 本当にいい物件を借りたいなら、自分で不動産屋に足を運んでみることをお勧めします。

賃貸マンションは不動産屋に行けば借りれますが、何も考えずに行くよりも、しっかりと条件をまとめてから行くことが大切です。「何となくこんな条件のマンションがいい」という程度だと、探すのに時間がかかります。 それに不動産屋の担当者は営業のプロです。不動産屋は仲介手数料を貰って利益を得ているので、一円でも家賃が高い賃貸マンションを借りてもらおうとあの手この手で攻めてきます。「他に下見の見学希望者がいるので今借りないと他の人に借りられてしまう」など、急いで契約を勧めてくることもあり、要注意です。 営業担当者の言葉に惑わされず、自分の意見をしっかりと伝えて、断るべきことはしっかりと断る勇気を持つことが大切です。