相場を知る

見積もりを作る

近年の日本の住宅事情を巡る大きな問題のひとつに、空き家問題があります。日本全国、人が居住していない空き屋の数は、実に800万戸を越えているといった調査結果も出てきているのです。これは少子高齢化社会の進行や、都市部への人口集中などの結果生まれまた問題でもあります。つまり、近年の日本は空前の家あまりといえる状態であり、またこれが築年数が経った賃貸物件において、家賃を下げていっても、いつまでも入居者が決まらないなどといった形で影響を及ぼし始めているのです。その一方、新築物件やそれに準じる賃貸物件の需要は、特に都市部であればあるほど、たとえ家賃が高額であっても非常に高い需要を維持しています。こういった家賃価格の二極化現象は、今後ますます顕著になっていくことが予想されているのです。

賃貸物件を借りるにあたっては、街ごと、あるいはエリアごとなどで、いわゆる相場の価格帯といった物が提示されているケースが多くなっていますが、この相場の価格に関しては、今後も現状とさほど変わらない価格で推移していくことも予想されています、これは先にも挙げた一例のように、下限が下がると共に上限は上がるためであり、それを反映した相場価格は、結果として現状を維持するといった形で発露することが予想できるためです。そのため、賃貸物件を借りるにあたって相場の価格を参考にするのであれば、より新しく快適な住環境を求めるのなら相場よりも高額の家賃を払う必要があること、逆に多少の我慢をすれば、相場よりも安価な家賃で賃貸物件を借りる事ができるようになっていくことを覚えておくといいでしょう。