エアコンを設置

デスクワーク

めでたく新築一戸建てに引っ越しが決まった時、先にしておくと良いことがあります。それは各部屋にエアコンを取り付けることです。 賃貸マンションなどと違って新築一戸建てはあらかじめエアコンは設置されていません。またリビングだけエアコンを取り付けておいて他の部屋には後から取り付けようと思っていてもなかなかしないものです。まだ荷物が搬入される前に是非各々の部屋にエアコンを取り付けておくことをおすすめします。 新築一戸建ての場合は住み始めて3年くらいまでは指定業者の方が年に1度家の点検に来てくれます。日本は湿気と乾燥の時期が繰り返し訪れますので、新築一戸建てに限って言えることではありませんが、木造住宅の場合はこまめに点検してもらうことが大切です。

新築一戸建て住宅を建築する場合は、行政か行政に替わる審査機関に対し、建築の許可願いを提出するために確認申請という書式を提出することになっています。この確認申請書類の中には構造計算書を添付する必要があり、然るべき方法で構造計算が実施されているかどうかをチェックされます。 新築一戸建て住宅の構造計算では構造計算のルートが二つに分かれており、新築一戸建て住宅が三階建ての規模の場合は許容応力度設計という詳細な計算方法で計算しなければなりません。 それとは異なり、新築一戸建て住宅が二階建ての規模であれば、許容応力度設計か、壁量計算という簡易な構造計算でも構わないとされています。 壁量計算は簡易な計算方法であるため、構造計算のコストは安いという特徴があります。