お金に変える

力を合わせる

 何らかの形で不動産を所有しているというのは、所有していないものからするととてもうらやましいことに映ります。  しかし相続の税制が変更されたこともあり、相続税を支払わなければならないハードルがとても低くなってきました。  仮に親から譲り受けたまま何も使用する目的のない不動産があるとするなら、ただ固定資産税が発生しているだけで、むしろ相続税のリスクにさらされているということも意識しなければなりません。  積極的に活用をするのなら、その不動産から現金を生み出し、その資金を元手に次なる相続税の対策も可能かもしれません。  しかし特に何の予定もないようなら、売却をしたほうが現金化できるわけですし無難なことが多いといえるでしょう。

 かつて親が暮らしていた不動産物件もその後誰も暮らさないようなら、空き家同然となっていきます。  しっかりと手入れをしなければ住まいは急速に傷んできますし、周囲からの苦情も出てきます。  もはや使用する見込みがないようなら、その不動産は売却したほうが余計な心配が減少するでしょう。  相続の権利を保有する方の数が複数いる場合も、協議を重ねて不動産を売却することで発生した現金を等しく分割するようにしたほうが公平に分けれれることになります。  どうしても相続に伴い不動産を所有しているとトラブルになることもあります。  それだけにしっかりと査定をして適切な価格で売却をして、現金で分割のできるようにすると、とても公平な相続ができるようになります。